top > サービス内容 > 計測業務 > 3Dレーザースキャナー計測

3Dレーザースキャナー計測   

     NETIS登録番号:HR060028-V

 

     東京都新技術登録番号:1501002

3次元レーザースキャナー

動画はこちらから

 

3Dレーザースキャナーの特徴

① 工期を大幅に短縮いたします。

② 人件費も大幅に圧縮できます。

③ 危険・立入制限箇所でも安全な場所から計測できます。

④ 地形・構造物を細部まで再現するので品質が大幅に向上します。

⑤ 計画変更にともなう再測がありません。

⑥ 昼夜を問わず計測が出来ます。

⑦ 災害などの緊急時でも随時、対応いたします。

         3Dスキャナー工程

3Dレーザースキャナーの活用範囲

  • 土工区間の縦横段計測・土量管理および一般図の作成
  • 建築物・構造物の劣化状況調査
  • 路面の部分沈下、オーバーレイの計測
  • 農地造成工事、圃場整備事業の計測
  • トンネルや橋梁、ダム等の構造物形状計測・出来形計測および一般図の作成
  • 災害地や岩盤等の急傾斜地など、直接計測が困難な場所での安全な非接触計測
  • 施工図がない古い構造物の3次元によるデータ化および図面化
  • 重要な文化財・構造物をデジタルデータ化・保存して、次世代に継承

 

  2Dから3Dへ

  従来の二次元座標のX・Yに加え、Z座標も併せて観測し、その点の集まり(点群)で

  視覚的に三次元の空間を表現できます。

 

弊社における事例

 

 事例写真1 事例写真2 事例写真3 事例写真4

 

 橋梁やトンネル、河川といった工事に関する対象物はもちろん、ゴルフ場、マンション、タ

 ワー、ピラミッド遺跡、果ては漬物石まで何でも計測できます。

 これが「3Dレーザースキャナー」の威力です。暗い場所も大丈夫!

 災害現場などでは、危険箇所に立ち入ることなく、離れた位置から計測しますので、危険な

 場所でも問題ありません。

 

橋脚計測の実用例

 橋梁写真1 橋梁写真2 橋梁写真3

 

 計測、点群データ取得、メッシュ化加工は同じです。3Dモデルは各種プレゼンテーション やシミュレーション、現況把握や保守管理等にご利用いただけます。

 

トンネル計測の実用例

 トンネル写真1 トンネル写真2 トンネル写真3

 

 地下水路トンネルの維持管理を目的とし、現況の詳細図を作成するという測量業務において

 3次元計測を行い、図面を作成しました。

 左の写真がトンネル入り口付近の点群データ、中央と右の写真はトンネル全体像の点群デー

 タです。全体像がお分かりいただけると思います。

 

夜間作業

  夜間やトンネルなどで光が十分でない場所においても

   「3Dレーザースキャナー」なら正確に計測することが

  出来ます。

 

 

 

河川計測の実用例

 橋梁写真1 橋梁写真2 橋梁写真3

 

 河川を「3Dレーザースキャナー」で計測し、点群データを得ます。より正確なデータを得るた

 め、複数個所から計測します。

 集められた点群データから草木などの障害物を除去(クリーニング)した後、データを3Dメッ

 シュ加工することで、各種汎用CADにて簡単なマウス操作のみで瞬時に縦横断面図、地形図

 を作成することが可能です。

 

立入禁止箇所の計測例

 立入禁止箇所写真1 立入禁止箇所写真2

 

 災害現場、立入禁止区域、急斜面などの直接的な計測が難しい場合でも、水平360度、垂直

 270度、半径200mまでの範囲をドーム型に計測できる「3Dレーザースキャナー」なら安全な

 場所から計測できます。

 対象物に向かってレーザーを照射し、レーザーが跳ね返ってくるまでの時間を計測し、距離

 に換算するので正確な計測が離れた場所から可能です。