top > サービス内容 > i・construction

トップライズはi-Constructionについて皆様をご支援致します

 

無人航空機(UAV)の活用

基本的考え方 国土交通省の発注方法(土工工事の全てをICT活用施工対応工事へ)
○ 大企業を対象とする工事では、ICT活用施工を標準化
○ 地域企業を対象とする工事では、「手上げ方式」(施工者からの提案)から順次標準化
3つの方式で実施
① 発注者指定型:ICT活用施工を前提とした発注
② 施工者希望Ⅰ型:総合評価においてICT活用施工を加点評価
③ 施工者希望Ⅱ型:契約後、施工者からの提案・協議を経てICT活用施工を実施
ICT活用施工を工事成績評定について評価
飛行不可能な場所があります
例)付近に樹木や建物、強い電波を発するものがある場所、
機体を目視できない場所など
そのような現場は3Dレーザスキャナで解決!!
飛行には申請の必要な場所があります
例)人口集中地区の上空、空港の付近
イベントの上空、飛行が目視外になる場所、など
申請書を作成・提出し、安全に飛行!!

 

ページのトップへ