top > サービス内容 > 計測業務 > Uドップラー

Uドップラー(構造物診断用非接触振動測定・解析)

文部科学大臣表彰

 

Uドップラーの特徴

① 小型コンパクトで持ち運びも簡単。センサ部は光学系と電気回路

  を高密度に内蔵し一体化。屋外測定を考慮し、システム全体を小

  型化、専用トランクに収納することで、可搬性を高めています。

② 1~100m程度の長距離測定に対応。大型構造物を測定対象とす

  るため、焦点距離を1~100m程度の長距離に対応しています。

③ AC電源がない場所でもバッテリ駆動屋外での測定が主となるた

  め、充電式バッテリを搭載。電源がない場所でも、約8時間の測

  定が可能です。

④ 現場ですぐにデータ解析可能データ収録と解析用のソフトウェア

  を搭載。測定現場ですぐにデータを解析できます。

      

 

Uドップラーは平成22年度文部科学大臣表彰受賞

 

 従来方式との違い

  これまで大型構造物の振動測定には、高感度センサを構造物に取り付けたり、撤去するのに

  多くの時間を要していました。
  そこで、レーザを用いて非接触で大型構造物の常時微動を測定できる、構造物診断用非接触

  振動測定システム「Uドップラー」を弊社は採用いたしました。
  Uドップラーは、非接触で構造物の振動を測定できます。日常点検や災害時の損傷検出等に

  用ることが可能です。

 

 接触式の振動測定 Uドップラーの振動測定

 

Uドップラーの適用範囲

  Uドップラーは、高架橋、橋脚、建築外壁、電車線、各種設備機器など、大型構造物の固有

  振動を測定できます。また、橋梁の橋桁等のたわみ測定も可能です。

 

Uドップラーの適用範囲

 

 大型構造物の固有振動数測定  橋桁のたわみ測定

 

青マーク PC桁のたわみ計測

Uドップラー写真1

青マーク 橋桁のたわみ計測

Uドップラー写真2

青マーク Uドップラーの性能実験

Uドップラー写真3

青マーク 岩盤斜面の振動計測

Uドップラー写真4

青マーク 岩盤斜面の振動計測

Uドップラー写真5

青マーク 計測診断画面

Uドップラー写真6

ページのトップへ